一般社団法人センターポール

Add:東京都中央区新富1-15-4 3F

info@centerpole-japan.com

Tel: 03-6262-8880

Fax: 03-6262-8881

© 2017 CENTERPOLE

ロゴ ブラック.png
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
LINE__typeC.png

Helping Others To Be Better Mario Moran

March 11, 2020

 

“I will rebound.”

“THE REBOUND” is a documentary movie in which unique wheelchair basketball players overcome many challenges and adversities to attain their dream of wining the US championship. It is available on US NETFLIX.

Even in Japan, 450 tickets of this movie were sold out.


”自分の人生をリバウンドするんだ”

”THE REBOUND”は個性溢れる車いすバス ケットボールプレーヤーが葛藤、逆境を乗り越え車いすバスケットボール全米選手権に挑むドキュメンタリー映画です。

現在では米国のNETFLIXで配信されており、日本でも、450人のスクリーンがチケット完売し大きな反響を呼んだ作品です。

 

 

 

 

we are going to write about what he always keeps in mind as a wheelchair basketball player.

 

その”THE REBOUND"の主演アスリートであり、車いすバスケットボールプレーヤーのマリオ・モーラン選手は日本でセンターポールと共に障害理解学習を行っています。

今回はマリオ選手が大切にしてメッセージをご紹介します。

 

 

Mario Moran

 

He won the first place at the US wheelchair basketball championship in 2015.

 

 

He got shot in his hometown, New Jersey when he was 18 years old. The bullet hit his spinal cord, and he got paralyzed waist down. Since that day,

he has been in a wheelchair. After he got out of hospital, he started playing wheelchair basketball. In 2015, he won the US wheelchair basketball championship. “THE REBOUND” is a movie about this story.

 

Mario played for Miami Heat Wheels, the University of Arizona, and Tucson Lobos. He went back to Miami last year and currently plays for Miami Heat Wheels.

He is also a motivation speaker as well as basketball player and motivates people through different events.

 

 

 

 

 

【マリオ・モーラン】

2015年車いすバスケットボール全米選手権優勝

故郷のニュージャージーで18歳の頃、発砲事件に巻き込まれ銃弾が脊髄を貫通し、救急搬送され一命を取り留めたものの、歩行機能を失い車いすでの生活となる。

退院後、車いすバスケットボールの存在を知り競技に没頭した。

2015年にはチームの中心選手として全米選手権優勝を果たし、優勝までの追ったドキュメンタリー映画“THE REBOUND”が全米で大ヒット

2015年以降、アリゾナ大学、ツーソンロボスを経て2020年から古巣のマイアミヒートに戻り、ディビジョンⅠでの優勝を目指し競技を継続していると同時に、モチベーションスピーカーとして企業や、イベント、学校で講演活動を行っている。

 

 

 

マリオ選手の自己紹介をお願いします

 車いすバスケットボール選手のマリオ・モーランです。

今シーズンからフロリダのマイアミに戻ってきて、今は、以前在籍していたマイアミ・ヒートウィールズで車いすバスケをやっている。バスケ以外の活動は、企業や、イベント、学校などで講演活動をしているよ。

“Please introduce yourself, Mario”-interviewer

“I am Mario Moran. I am a wheelchair basketball player. This season, I came back to Miami and play for Miami Heat Wheels. I also join some events to motivate people as a public speaker. “-Mario

 

センターポールと活動を共にするきっかけを教えてもらえますか

 きっかけは、以前所属していたアリゾナのチームメイト三元大輔選手の紹介だよ。

彼を通して、センターポールの活動内容を知った。また、車いすバスケのドキュメンタリー映画に自分が出演していたこともあって、日本で初めての上映をセンターポールが行ってくれて日本でも講演をする機会を与えてもらっているんだ。

“How do you work for Center Pole?”-interviewer

“Daisuke Mitsumoto, who I used to play with at the University of Arizona, introduced me to them. I got to know this company through him. Center Pole also helped me to motivate people in Japan through “THE REBOUND”.”-Mario

 

 

センターポールの学校授業に参加してのいかがでしたか。

 素晴らしいことだと思う。アメリカでももっと、センターポールのような活動をする団体ができてほしい。子供たちにアダプティブスポーツのすばらしさ、アダプティブスポーツアスリートの能力などを知ってもらう、すごくいい機会を提供している。

自分もアリゾナで学校訪問を数回、青少年更生施設訪問などを行っているけど講演活動は意義があるものだと思うよ。

“What did you think of visiting schools with Center Pole?”- interviewer

“That was great. I wish my country had more companies or organizations like Center Pole. They provide students with such great opportunities to get to know about adoptive sports and adoptive athletes. I have done similar things when I was in Arizona. I think these opportunities are very valuable.”-Mario

マリオ選手が講演で生徒にどんなメッセージを送っていますか

 自分が伝えてきたのは、自分らしくいることの重要さ、自分史上最高の自分でいれるよう努力することの大切さ、助けあいの大切さ、ポジティブでいることの必要性、諦めないこと、自分自身を信じてあげることを絶対にやめないこと。

参加している人を見て判断して伝えているよ。

“What do you tell students when you visit schools?”-interviewer

“I always tell them how important it is to be yourself, to work hard to be who you really want to be, to help each other, not to give up, and to believe in yourself. I tell different messages depending on the audience.”- Mario

 

 

日本に来てバリアを感じたとこはありますか

 良い質問だね。自分が直接体験したことといえば、トイレが狭いことがあったことくらい。電車で移動の際も、自分が使った駅は施設が整っていたし、街中でも歩道なども整備されていて、動きやすかった。あと、障害者用トイレを使おうとするとき、アメリカでは、健常者が使ってしまっていることがけっこうある。日本では、1度もそういうことがなかった。素晴らしいことだ。ハード面以外ではない。子供達に会いに行くと、自分のことをDifferent(違う)という目で見ているなぁと感じたが、それは、自分にとっては褒め言葉なんだ。どこにいっても歓迎されていたという印象しかないよ。

“Have you ever seen any barriers when you came to Japan?”-Interviewer

“Good question. I guess only the bathroom. Its too small. Trains, stations, and roads in Japan were good enough for me. I was surprised that I did not see any abled people who were using bathrooms for people with disabilities. That happens many times in my country. I realized that kids I met were looking at me as a “different person”. But it is ok. It sounds good to me. I think I was welcomed everywhere I visited in Japan.”- Mario

マリオ選手にとってスポーツはどのような存在ですか

 自分にとって、スポーツはライフスタイルなんだ。子供のころから野球をやっていたし、ある程度の年齢になったころには有名チームからも声がかかる程ニュージャージーじゃ有名なキャッチャーだったんだよ。ただ、非行に走ってしまい、野球の道からはそれてしまったけど、今でもスポーツを通して仲良くなった友達は多いよ。落ち込んでいたりして、出かけたくないなぁと思うような時も、スポーツがきっかけになって、出かけられたりする。出かけて体を動かせば、気分も晴れることもある生活の一部なんだ。

“What does sports mean to you?”-interviewer

“It’s my lifestyle. I used to play baseball when I was a kid. When I reached adolescent, I became a famous catcher in New Jersey. But I started doing bad things and stopped playing baseball. Even so, I got a lot of friends though sports. I sometimes do not want to go out, but sports take me to outside. Once I start playing sports, I forget my bad mood and feel better. It’s a part of my life”-Mario

 

マリオ選手が思う共生社会について教えて貰えますか

 理想の共生社会になる為には、「こうあるべきだ」というような考え方をみんながしないでいい社会でないといけない。こう考えるべきとか、こうするべきではなく、やりたいことをやれて、言いたいことを言える社会になればいい。

“What do you think “an inclusive society” means?” -interviewer

“To make a truly inclusive society, we have to make it a society where we do not have to put social expectations on us. We do not have to follow these expectations. We can do whatever we want to do. We can say whatever we want to say. This is an ideal society.”-Mario

 

 


子供たちにメッセージをお願いします

 いろんな人が「それはやっちゃだめだ」とか言ってくると思う。意見を押し付けてくる人もたくさんいると思う。そんな人のせいで嫌な気分になることもあると思う。大事なのは、自分がなりたい自分になること。自分のことを信じてあげること。時には「嫌だ」「違う」という勇気を持つこと。そんな自分のことを批判してくる人がいるとすれば、それは、何か正しいことをしている時だよ。

“Please say something to kids, Mario” -interviewer

“There are a lot of people who put their expectations on you. It might hurt you. But you have to keep in mind that the most important thing is to be who you really want to be. You have to believe in yourself. Sometimes you have to be brave enough to say no. If someone judges or criticize you, it means that you are doing the right thing.”-Mario

 

 

最後に、日本の学校の先生にメッセージをお願いします

 あなたの学校に、言うことを聞かない、ルールに従わない生徒がいたら、お願いだから、話を聞いてあげて欲しい。何かうまくいかないことがあって、非行に走っているだけかもしれないから。若い頃の自分がそうだった。「元気?」とかでもいい。何か会話をしてあげて。自分は、今までに何度も自殺願望を持ったことがある。そういう子もあなたのクラスにいるかもしれない。話を聞いてあげて欲しい。それがすごく支えになるから。

“What do you want to say to teachers in Japan?” -interviewer

“Please listen to each student when they do not want to follow what you say. Maybe they just do not want to follow you because their struggling with something. I was like that when I was younger. The conversation could be anything. You could just say “How are you doing?”. Please talk to them. I have thought of committing a suicide several times. One of your students might be like me at that time. Please listen to your students. It will help them a lot.”- Mario

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事