一般社団法人センターポール

Add:東京都中央区新富1-15-4 3F

info@centerpole-japan.com

Tel: 03-6262-8880

Fax: 03-6262-8881

© 2017 CENTERPOLE

ロゴ ブラック.png
LINE__typeC.png

【イベント出演情報】東京都職員共済組合主催「パラスポーツを見て・知って・体感しよう!vol.2」

August 5, 2019

 

  8月4日(日)にて行われた東京都職員共済組合主催の「パラスポーツを見て・知って・体感しよう!vol.2」へ車いすラグビーの官野一彦選手と共に参加して参りました。
 本イベントはスペシャルゲストによるトークショーと車いすラグビー体験会の2本立てとなっております。会場はホテルアジュール竹芝の14階披露宴!梅雨明け猛暑連なる8月ですが、気になる暑さを感じさせないオーシャンビューのもとでの開催となりました。

トークショーでは官野選手の他に管理栄養士としてご活躍されている海崎彩さん、そして「ヒィア。ブンブン。レツゴ。」でお馴染みのBKBことバイク川崎バイクさんを交えての時間となりました。

 

 

 

 

 

 

        初めに官野選手から車いすラグビーに出会ったきっかけや車いすラグビーの競技・魅力などの話がありました。また、本イベントではパラスポーツを陰で支える人にもスポットを当てよういう趣旨の基、事前に官野選手の大好きな蓮根を交えたアスリートランチを参加者の皆様にお召し上がりいただいておりました。今回のランチ内容を踏まえて海崎さんより「食の大切さ」や「栄養素のバランス」についてお話がありました。

 

「一般の人もアスリートも変わらず、主食・主菜・副菜・乳製品・果物を揃えることが食事の基本です!例えば、今日のランチメニューで言うと、オレンジ・キウイ・イチゴは果物のカテゴリーに入り、それぞれビタミンCが多いものです。果物を切って放置しておくと、断面の色が変わるものとそうでないものがあります。切断面の色が変わらないものはビタミンCが多いものと言われており、暑い夏の時期ビタミンCほ補給はとても重要なので、積極的に摂取していきましょう!」

 

 参加者の方の中には、今日の内容を夏休みの自由研究に活かそうと心づもりされていた方も多く、学ぶところは学び、楽しむところは楽しむといったメリハリのあるトークショーになりました!

「オリンピック・パラリンピックは超特別。月並みかもしれないが、銅メダルを獲得した時は本当に生きてて良かったと思った。確かに死にたいと思った瞬間もあったけど、こんなに幸せな瞬間もあるんだと。だけどこれがもし東京で日本の人と一緒にメダルを取って国歌斉唱できたらどれだけ嬉しいかと。だから僕ももっと頑張るので、ぜひ車いすラグビー応援してもらえたらと思います。」(官野選手)

官野選手情報はこちらをクリック

 

 トークショーの後はお待ちかねの体験会でした。BKBさんはバイク車いすバイク!へと早変わり。車いすの基本操作やバナナ鬼などのアクティビティ、最後にミニゲームまでをご体験頂きました。最初は「難しいけど楽しい~」といった表情も試合になると一変し、勝負師の顔に。リードパスなど難しい技も簡単にやってのけるスピード感あふれる各ゲームに会場は大盛り上がり!年齢性別関係なく、お楽しみ頂けたかと思います。

 

 

  「一生懸命やるというか自分が出来ないなと思いやらないという選択肢を取ってこなかった。だからいつもチャレンジするし、僕の生き甲斐はチャレンジすることにある。自分が今心地が良いなと思うところに居続けることは、言い方を変えると停滞しているということ。それ以上自分の伸びしろがないということ。だから自分が成長するために色々なことにチャレンジして、成長を楽しむようにしている!」(官野選手)

「安定が停滞」というメッセージのもと、BKBさんは「決心を変えていこう!!」と呼びかけイベントは幕を閉じました。
最後に、BKBさんはホンダのCDに乗っているそうで「俺がどんなバイク乗ろうが勝手やん!!」と会場を笑いで一蹴しました!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

センターポール活動報告 車いすバスケットボール、マリオ選手とアナベル選手が来日

July 16, 2019

1/6
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ