PARASPORTDAY @TOKYO SPORT PLAY GROUND

更新日:2021年9月28日



2021年9月19日素晴らしい天気の中、TOKYO SPORTPLAYGROUNDにてパラスポーツ体験参加側イベントPARASPORTDAYが開催されました。 今回のイベントは感染症対策の為、来場人数を制限した招待制にて実施とはなりましたが、沢山の来場者と”体験” ”見る” ”交流”が出来る、最高の空間を共有することが出来るイベントとなりました。


Photo by Rightup-inc



 

イベントは素晴らしい秋晴れの中で行われ、体験プログラムでは車いすバスケットボール、車いすラグビー、ボッチャ、ハンドサイクルの4種目を提供。 そして、今年の夏にNIKEからリリースされた障がいの有無に関わらずチャレンジできるワークアウトプログラム【INCLUSIVETRAINING】の特別プログラムをNIKEマスタートレーナーのTOMOさんとYUKIさんが担当し、子供から大人までハードに楽しくプログラムを展開し、沢山の参加者と共に汗を流しました。

車いすバスケットボールブースでは選手らがサポートに入り、直接指導を受けながらゲームまで実施


車いすラグビーしか味わうことが出来ないタックルを参加者は堪能した


NIKEマスタートレーナーのTOMOによるINCLUSIVETRAINING

子供も大人も障害の有無も隔てなく、体と心を動かすプログラムを提供してくれた。


INCLUSIVETRAININGはこの日の為のスペシャルセッションはハードに楽しく。 現在、NIKE TRAINING AppでもINCLUSIVE TRAININGは公開されており、体験が可能だ。

ボッチャブースも終日大盛況、小さなお子さんが家族と楽しみながらチャレンジしているのが印象的であった。


株式会社テレウスのサポートで車いすでサイクリングが出来る”ハンドサイクル”で参加者はTSPのトラックを疾走。


会場MCはシドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表キャプテン根木慎志さんとセンターポール代表の田中がお届け。


会場を音楽で彩ってくれたのは日本のクラブシーンを牽引するDJ TAMA,DJ Dabook



 

夕方からのゲームショーケースは、車いすバスケットボールを実施。 今回初開催委となるジュニアエキシビジョンマッチと現役車いすバスケットボール選手らによるエキシビジョンマッチ、第二回目となるCENTERPOLE3x3トーナメントが開催されました。 3x3では総勢15名の現役プレーヤーたちによる迫力あるプレーを音楽、ロケーションが彩り、白熱したゲームが展開されました。



ジュニアエキシビジョンマッチのベンチには現役車いすバスケットボール選手がアシスト


沢山の観客の中ジュニアたちの懸命なプレーが光った


3x3の競技ならではのアグレッシブでスピーディーな試合展開


4チームによる3x3トーナメントを制したのは、TEAM DAICE (三元大輔 森谷幸生 丸山弘毅 齋藤美佳)

大会MVPは外から2ポイントシュートを量産した三元大輔選手が獲得。


三元選手へはNIKEJAPANより MVP賞としてAIRJORDAN XXXVが贈呈された。


 

今年の秋に、閉園の予定でしたが1年の延長が決定した新豊洲のTOKYO SPORT PLAY GROUND。 パーク内は全ての人がスポーツを存分に楽しめる配慮がされたユニバーサル設計がなされており、パークには ”IF YOU HAVE A BODY YOU ARE ATHLETE” とメッセージが刻まれています。

ここでは誰でもスポーツを思い切り楽しめる環境が用意されています。

スポーツの可能性を感じさせてくれる最高の空間を体感してみてはいかがでしょうか。

TOKYO SPORT PLAYGROUND (tokyo-sp.com)

センターポールもこれからも新豊洲を拠点にパラスポーツを通じて成長できる環境を皆さんと創造して参ります。 【10月のパラスポーツクラススケジュール】 10月3日 城東特別支援学校 9:00-12:00

10月17日 TOKYO SPORT PLAY GROUND 9:00-12:00

10月24日 TOKYO SPORT PLAY GROUND 9:00-12:00

10月31日 TOKYO SPORT PLAY GROUND 9:00-12:00 【クラスお申し込みはセンターポールのクラスページから受け付けております】

パラスポーツ体験 | 車いすバスケットボール|センターポール (centerpole.work)


閲覧数:256回0件のコメント