センターポール サマーキャンプ2020


毎週行われている車いすスポーツのクラス、”CPアダプティブクラス”に参加してくれている小学生から高校生に加え、保護者の皆様、そしてサポートアスリート含め22名にご参加いただきました。

今回の3日のキャンププログラムでは、車いすバスケットボールのクリニックを中心に、群馬県水上町でラフティング体験、群馬県桐生市で陶芸体験と、どの参加者も車いすバスケットボール以外は初めての体験で、とても密度の濃い3日間となりました。








車いすバスケットボールの指揮を取るのは堀江航選手 堀江選手も自ら試合に出場し汗を流しました


車いすバスケットボールでは、保護者の皆様にもクリニックからゲームまでご参加いただき、白熱した試合を見せてくれました!


参加したジュニアたちは、3日間のキャンプを通じてプレーの成長だけではなく、勝負に対する気持ちもプレーに表れていました!

試合に負けて涙を流す場面もあり真剣です



2日目に実施したラフティングでは、3グループに分かれて体験

表情から真剣さと緊張も伺えます。


この日の水量が少なかったですが、ボードが激しいポイントもあり、スリル満点です


途中、飛び込み出来るポイントもあり、群馬ならではの透き通った河川を堪能




移動車両は、福祉車輛を取り扱うAZfactoryさまの車両サポートをいただき、快適な移動時間を過ごすことが出来ました


移動中も笑いが絶えない賑やかな時間でした



遊び疲れて先輩の肩で眠ってしまう子も



最終日はマグカップ班とお皿班に分かれて陶芸体験



まずは粘土を棒で平らにします 厚さを均等にするのが重要です



引率の選手も真剣です この時は子供たちの事を忘れて自分の作品に没頭していました



完成は約2か月後です 到着するのがとても楽しみ




この三日間キャンプで、仲間と一緒に新しいことにチャレンジする子供たち。

みんな沢山の成長がありました。


センターポールはこれからもスポーツを通じて参加者の皆様と共に成長して参ります。


今回のキャンプでサポートくださった

太田空選手

稲岡紗矢選手

保護者の皆様

福祉車輛のサポートくださったAZfactory様


ありがとうございました!


50回の閲覧
ROGO.png

​一般社団法人センターポール

​東京都中央区新富1-15-4 アルファ新富ビル3階

  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
パラスポ―ツ社長の日記
©Copyright2020 CENTERPOLE.All Rights Reserved.