• Izumi Kato

日本パラ陸上選手権大会☆結果報告

最終更新: 6日前

9月5、6日に熊谷スポーツ公園(埼玉県)で日本パラ陸上選手権大会が行われました。


5日(土)にはセンターポール所属のやり投げ山﨑晃裕選手、

今年度より新規加入した走り幅跳びの又吉康十選手が出場致しました。


【山崎選手結果】やり投げ(F46クラス)に出場

山崎選手は60m09の自己セカンドベストを記録。見事優勝☆

今回の結果を受け、世界ランキング第5位に浮上しました!!


(山崎選手よりコメント)

「無事に5連覇することできて、良かったです。

F46のやり投げは、今までにないハイレベルな戦いになっているので、気を抜かずに、次の試合に向けて準備をしていきます。

記録については、2年ぶりに60mに到達しました。まず自己ベストの更新に向けて頑張ります。」




【又吉選手結果】走り幅跳び(T64クラス)に出場

又吉選手は6m24を記録。又吉選手も見事優勝しました。

なお、この記録は自身が持つアジアレコードを更新しアジア新記録の樹立となりました!


(又吉選手よりコメント)

「今回はコロナの影響もあり試合まで十分なトレーニングを積めず、目標としていた記録(6m50cm)に届かない悔しい結果になってしまいました。

今シーズンのIPC公認試合は残り11月のパラ陸上関東選手権しかないので、それまでにしっかりトレーニングを積み、まずは6m50cmをクリアできるように頑張ります!」






両選手とも今回の結果に満足することなく、向上心溢れるコメントをしてくれました。

今後の活躍に目が離せませんね!


今回の大会の様子はYouTubeでライブ配信されました。

アーカイブは今からでもご覧いただけますので、ぜひご覧ください。


https://www.youtube.com/watch?v=vgqxZrYMJjo


次回のパラ陸上の大会は11月7、8日のパラ陸上関東選手権です。

ぜひこちらの大会も応援よろしくお願い致します!!

12回の閲覧
ROGO.png

​一般社団法人センターポール

​東京都中央区新富1-15-4 アルファ新富ビル3階

  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
パラスポ―ツ社長の日記
©Copyright2020 CENTERPOLE.All Rights Reserved.